↓↓これで生理痛の痛みが軽くなった人が増えています。↓↓


ひどい生理痛・・・ どうにか痛みを緩和したい

毎月やってくる恐怖の"ひどい痛み"


・会社を休まなければならない程、鈍くて重くひどい痛み
・デートや買い物をキャンセルしなければならない程、鈍くて重くひどい痛み
・吐き気や腰痛で死にそうになる程、鈍くて重くひどい下腹部の痛み


そう生理痛です。


このブログをご覧になっているあなたも、生理痛がひどくて深刻に悩み、どうにかして生理痛を緩和したいと思っているのかもしれません。

生理痛は、その期間のひどい痛みが苦しいだけではなく、あまりひどい人は、将来的に子宮筋腫や乳癌など婦人科系の疾患になるリスクもが高くなるとも言われています。


一体どうしたら生理痛を緩和できるのでしょうか?

 

生理痛の緩和には、やっぱり薬が一番?

生理痛に悩んでいるほとんどの人は、鎮痛剤に頼ったことがあると思います。


さて、その鎮痛剤ですが、


新潟大学大学教授で、健康や免疫の関係で多数の著書を持つ安保徹氏の言葉を引用すると、

「痛みが起こるたびに薬で抑えていると徐々に交感神経の緊張が増していきます。
交感神経が強く緊張すれば、それだけ治癒反応も激しく現れるため痛みはさらに強くなります」
(「免疫道場 病気にならない体をつくる50講:幻冬舎)

というのが実態です。

あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、鎮痛剤は激しい痛みに対して、あくまでも一時的に服用すべき薬であり、連続した服用は極力避けるべきなのです。

鎮痛剤に頼り続けなければいけない、その状況こそが「普通ではない」と理解しなければいけません。

 

ほとんどの人は知らない生理痛の本当の原因

生理痛の本当の原因はどこにあると思いますか?



・・・




それは、“ホルモンバランス”です。


生理痛は、女性ホルモンのバランスが崩れることが原因であることが非常に多いのです。


ホルモンバランスって…難しそう


あなたがそう思われるのも無理はありません。
普通の人は、ホルモンバランスという言葉は聞いたことがあっても、それがどう生理痛と関係があるのかは知らないことがほとんどです。


しかし、女性ホルモンのバランスは心がけひとつで自分で整えられるのです。それによって生理痛の痛みを軽減させることは難しくありません。

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。